過去のピックアップ

MICHIYOSHIニュース

ピックアップの一覧です。

2017/08/21

【民進党代表選挙】前原誠司さんを民進党代表へのお願い

前原誠司さんを民進党代表へ、のお願い

 平素より、皆様のご支援、ご指導に心より感謝、御礼申し上げます。
 さて、報道にもありますように、今月21日より9月1日投票で、民進党代表選挙が行われます。
 私は、今回の代表選挙は、民進党立て直しへのラストチャンスだと強い危機感を抱いています。朝日新聞の世論調査では、82%の国民の皆様が安倍一強政治に代わりうる「受け皿」を望んでおられます。
 私の同志であった細野豪志議員が離党し
「新しい受け皿」づくりに裸一貫立ち上がったのもやはり「受け皿」を創らずして、今の安倍一強政治の暴走を止められないためです。
 私は、前原誠司代表を実現し、細野豪志議員とも連携し「新しい受け皿」を創り上げるために、これまでも、これからも、全力投球して参ります。
 以下、私が今回、前原誠司さんを代表にお願いしたい理由を4点申し上げます。

****************************************
1、国民の皆様が望む安倍一強政治に代わりうる「受け皿」づくりをできるのは前原誠司さん

2、北朝鮮と米国との緊張関係がある中で、現実的な外交・安全保障政策も不可欠。私自身は、専守防衛力の強化は必要、しかし過度の米国追従外交は日本の戦争巻き込まれリスク拡大のため、一線を引くべき、との考えです。これらをバランス感覚を持ち実現できるのが 前原誠司さん

3、健康や年金、子育てなど生活や将来への不安・負担増大により、消費も停滞。
しかし、前原誠司さん掲げる「みんながみんなのために」の政策実現による生活・将来不安の解消に向けて、この間、最も党内で熱心に取り組み、今後実現できるのが前原誠司さん

4、前原誠司さんは、かつて民進党代表として失敗・挫折を経験し、同じ失敗を繰り返さないための鍛錬を積まれ、人間としての深みを増してこられたから。

****************************************
 上記のような理由により、私は今回の民進党代表選挙で前原誠司さんを応援いたします。民進党代表選挙投票のハガキが届きましたら、「前原誠司」とご記入頂き、最寄りのポストか郵便局に投函頂きますよう、心よりお願い申し上げます。
 末筆ながら、残暑が続きますので、皆様くれぐれもご自愛下さいませ。

衆議院議員 柚木道義拝


2017/07/12

【2017年7月12日07:12 産経新聞報道について】

産経新聞報道(2017年7月12日07:12)
【二重国籍問題】「二重国籍」問題の民進・蓮舫代表が戸籍謄本開示へ
「子供が成人したので、速やかに対応したい」
http://www.sankei.com/politics/news/170712/plt1707120012-n1.html
に関して

まず、産経新聞記事の
11日の民進党の東京都議選を総括するための国会議員会議における
私の発言に関する箇所
「二重国籍問題が(党勢低迷の)最大の障害だ」
については、実際の私の発言内容を
私自身に取材しないままに掲載しています。
さらに、デリケートな事案だけに私も言葉を選び行った発言の実際の言葉、文脈にも触れられておらず、読者に誤解を与えるものと考えます。

まず、私自身の会議での発言を自身のメモに従って再現します。

◯都議選お疲れ様でした。私自身も担当の品川区候補が当選できず、責任を感じています。
蓮舫代表が「衆議院選挙にどう向き合っていくか」とご挨拶されたので、
以下発言させて頂きます。
まず、都民ファーストの躍進を受け、国政進出を想定した対応、特に公明党との関係、
また安倍一強政治への自民党内の異論などを踏まえ、
次期総選挙後まで見据えた、従来の野党連携の枠組みを超えた、
与野党各々へのアプローチが必要で、現段階でどのようなアプローチができるかはあるが、きちんと対応していくべき。

そのために、野田幹事長辞意の報道もあるが、それは大変重いことなので、この場で回答を求めませんが、申し上げた対応をとっていく上で、どのような体制を今後とるべきなのか、
幹事長辞任でそれが可能なのか、も私にはわかりませんが、
今後予定されている各ブロック会合での各議員の発言や両院議員出席の会合での発言も
十分に受け止めて、具体的な対応をお願いしたい。

また、先週末に、私の地元の支部定期大会があり、そこでのやりとりも踏まえ、以下、共有させて頂ければと思います。

まず、蓮舫代表の国籍に関する問題で、これは私の地元岡山県では、自民党の参議院議員が書面を開示していることもあり、蓮舫代表がせっかく良い提案や予算委員会での追及などを行っても、有権者が聞く耳を持って頂きにくい点があります。
大変もったいないことだとも思います。
次期衆議院選挙に代表出馬の話も今日上がりましたが、それも含めて
いま自民党安倍政権に対して学校法人問題である国民のモヤモヤ感が
蓮舫代表の国籍問題にもついてあるとすれば、そのモヤモヤ感をクリヤーにして頂くことが重要だと思われます。

また、私も提案型政党とポスターにも書き、他方で国会対策委員会方針もありこれまで大臣追及もやってきましたが、蓮舫代表や幹事長など発信力のある立場の方々が、あらゆる場面で、どんなに短いコメントの際にも、提案を、民進党はこうする、とメディアにも発信して頂きたい。

共謀罪法施行の今日であれば、
空港保安体制強化などの民進党の代案は一顧だにせず安倍政権は強行採決

学校法人問題であれば、
政府のデタラメな答弁させないための公文書管理法改正法案

私が介護保険法改正法案審議で、冒頭ほんの少し、安倍総理に森友学園問題を質しただけで、安倍総理がブチ切れて強行採決した際も、
民進党の対案を採決すらせず、政府法案のみ強行採決した暴挙(その後、厚生労働委員長が謝罪、採決やり直しの異例の流れがあった)

など、常に、どんな場面でも、必ず民進党の対案提案を発信して頂きたい。以上

といった流れと言葉で発言を致しました。

蓮舫代表始め、ひな壇におられた議員の皆様は、皆様大きく頷いてお聞きになられており、
私は次の公務面会をかなりお待たせしていた関係で、発言後中座しました。

その後、帰路の新幹線車中で、蓮舫代表の国籍問題対応の報道を目にしました。

昨日の朝日新聞に、「自民に対抗政党「必要」82%」とあります。
一強政治でない、政権交代のある政治、を目指して引き続き全力投球して参ります。


2017/04/03

【国会質問170回目】3/31(金)柚木みちよしが通算170回目となる国会質疑に立ちました!

3月31日(金)衆議院 厚生労働委員会 にて

通算170回目の質問に立ちました‼️

徹夜で準備明けの50分間の長丁場の国会質問

2017/03/13

【国会質問167回目】3/14(火)柚木みちよしが通算167回目となる国会質疑に立ちます!

【国会質問167回目】3/14(火)柚木みちよしが通算167回目となる国会質疑に立ちます!
○「雇用保険法改正案について」
衆議院インターネットTVにて是非ご覧ください。
◆日時3/14(火)10:30~10:45前後 衆議院厚生労働委員会
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
2017/03/09

【国会質問166回目】3/10(金)柚木みちよしが通算166回目となる国会質疑に立ちます!

【国会質問166回目】3/10(金)柚木みちよしが通算166回目となる国会質疑に立ちます!

○「雇用保険法改正案について」
○「森友学園保育園問題について」
衆議院インターネットTVにて是非ご覧ください。
◆日時3/10(金)9:00~9:35前後 衆議院厚生労働委員会


2017/03/09

【事務所連絡】国会質問回数について

平素より、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

柚木道義の国会質問回数について、ホームページ上にて、3/3(金)・通算164回、3/9(金)通算166回となっておりますが、3/8(水)にも通算165回目となる国会質疑を行っております。


テーマは、
「長時間労働是正・集中審議」
です。

明日は電通・過労自殺されてしまわれた
高橋まつりさんの弁護士である川人博弁護士、
全国過労死を考える家族会代表世話人の寺西笑子さんらの参考人の方々からの意見陳述、質疑の後に、私から厚生労働大臣らに質問致します。

厚労委での質問内容 
「クロネコヤマトの報道」に関連して
①ヤマト運輸27年ぶりの利用料金値上げと
アマゾン「送料無料」ペナルティーでゼロ円報道について
②インターバル規制は、政府の働き方会議の案には入るのか?
・インターバル規制については、「改善基準告示の遵守状況」につ
いて
③働き方改革実現会議における「適用除外の議論について」

④労働基準法36協定の「特別条項」の業種業態ごとの内容、「特別条項」の改善事例(長時間労働是正)について

⑤待機児童対策
・待機児童対策の新計画(6月)について
・待機児童に関する新基準について
⑥育児休業2年への延長と「パパママプラス」との関係について


皆様に誤解を招いてしまい、大変申し訳ありませんでした。

柚木道義事務所

2017/03/02

【国会質問164回目】3/3(金)柚木みちよしが通算164回目となる国会質疑に立ちます!

【国会質問164回目】3/3(金)柚木みちよしが通算164回目となる国会質疑に立ちます!

○「国有地の払い下げについて」
○「育児休業の2歳までの延長について」
衆議院インターネットTVにて是非ご覧ください。
◆日時3/3(金)9:00~9:25前後 衆議院厚生労働委員会
 
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
2017/02/22

柚木みちよしのゆずれない軌跡ー2016~2017ー ムービー

ゆずれない活動の軌跡〜2016-2017〜

この1年間で出会いを頂きました、多くの皆様との「ゆずれないフォト・ライブラリー
ともなっております。

皆さま、ぜひご覧下さい!

https://www.youtube.com/watch?v=3Bqo_83s9BM&t=3s


2017/02/22

【国会質問163回目】2/23(木)柚木みちよしが通算163回目となる国会質疑に立ちます!

【国会質問163回目】2/23(木)柚木みちよしが通算163回目となる国会質疑に立ちます!
○「介護、薬、看護について」
衆議院インターネットTVにて是非ご覧ください。
◆日時 2/23(木)10:00~10:30前後 衆議院予算委員会第5分科会
 
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
2016/12/07

【国会質問162回目】12/7(水)柚木みちよしが通算162回目となる国会質疑に立ちます!

【国会質問162回目】12/7(水)柚木みちよしが通算162回目となる国会質疑に立ちます!

○「ギャンブル依存症対策について」
1 昨日、衆院で通過したIR法案(カジノ法案)とギャンブル依存症対策との関係の
基本的認識。
2 ギャンブル依存症スクリーニングテスト(SOGS)結果をどのように分析し、今後
どのような対応に活かしていくか。テストの仕方の改善は考えているか。
例えばギャンブル依存症と自殺、児童虐待、貧困との関係を調査・分析し対策を講ず
るなどテストの方法や分析を改善すべきと考えるが見解を伺いたい。
3 厚労省における依存症関連対策として、人材育成、地域体制整備などがあるが、
ギャンブル依存症対策として「民間の自助グループ」と医療機関や精神保健福祉セン
ター、保健所などとの連携強化が必要との専門家の指摘がある。ぜひ検討を進めてい
ただきたいが見解を伺いたい。

○「長時間労働是正について」
4 パワーハラスメント対策強化策として、①職場のパワーハラスメントの概念や行
為類型を明確化して法律にその定義を盛り込む、②労働契約の付随義務として事業者
が職場のパワーハラスメントを防止する責任を負うことを法に定める、③職場のパ
ワーハラスメントに関して事業主が講ずべき措置を義務とする必要があると考えるが
見解を伺いたい。
5 違法長時間労働などを犯した企業に対して、公契約上の罰則を強化すべきと考え
るが見解を伺いたい。
6 逆にワークライフバランス優良企業に対して、公契約上のインセンティブ強化を
図るべきと考えるが見解を伺いたい。 など

以上です。

衆議院インターネットTVにて是非ご覧ください。
◆日時 12/7(水)13:00~13:25前後 衆議院厚生労働委員会
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php


1~10件(全241件)

Facebook